プリザーブドフラワーが一部だけ傷んでしまったら

誕生日やウエディングのギフトで、増加しているのがプリザーブドフラワーだそうです。このお花は特殊な加工をくわえて、生花のような状態で長持ちをするもので、枯れないということから縁起がいいという考え方をする人もいるそうです。


-プリザーブドフラワーが一部だけ傷んだ場合は-

プリザーブドフラワーのアレンジメントは、日光に当たる、湿気で傷むことが多いそうです。充分に気を付けて飾っていても、一部のアレンジメントのお花だけ色が抜けてしまう、傷んで花が割れてしまったという場合には、プリザーブドフラワー全部を処分するのではなく、アレンジメントの傷んだ部分だけを抜き取って処分するほうがいいそうです。


-色移りなどは早めに対応を-

プリザーブドフラワーの色移りなどは、まれに起こるものです。湿気などが影響するようですが、お花を後から色付けしていることから、他のお花が汚れてしまう可能性もありますから、早めに色が抜けているプリザーブドフラワーだけを引き抜くことがおすすめです。抜いた部分には、オーナメントなどを雑貨屋さんで選んで差し替えるなどの工夫をするとさみしくならないと言われるそうです。ロフトなどの大型雑貨店では、アレンジメント用の造花などの扱いもあるそうです。


-おすすめ関連情報-

誕生日プレゼントを母親へ送るなら(http://biomedicalnyrt.com/)

Comments are closed