プリザーブドフラワーのリースを贈ろう

現在ではプリザーブドフラワーをギフトとして誰かに贈られている方が少しずつ増えてきていますが、皆さんはそのことについてどう思いますでしょうか?
やはり枯れにくい美しいお花ですので選ばれている方が増えてきているのかもしれませんね。
今は置くものではなくてリース型のプリザーブドフラワーもありますので、お部屋のインテリアとしてでも良いですしご友人などにギフトとして贈られてみるのもお勧めです。


-プリザーブドフラワーは扱いやすいから便利-

プリザーブドフラワーは枯れにくいように加工されていますし、保存することも比較的簡単で良いかと思います。
ケースに入れておくとさらに美しさを保つことが出来ますからなお良いかと思いますよ。
扱い方は生花と同じで丁寧に扱っていただければと思います、繊細ですので容易に触れたりしないよう気を付けて下さればと思います。
また、お水を与えてはいけないことになっていますので与えないようにして下さいね。


-ご自分で作ることもできます-

プリザーブドフラワーはご自分で作ることもできますので、ネットなどで調べてみてそちらを参考にしながら作ってみるのが良いかと思いますよ。
その際に必要なものがいくつかありますが、ご自分で作られてみるのも楽しくて良いかと思いますしご自分だけのプリザーブドフラワーを作ることが出来て良いかと思います。
また、パーツだけ購入してアレンジされるのもお勧めです。

PRサイト>>>ギフトならプリザーブドフラワーが最適

プリザーブドフラワーを学べる教室があります

プリザーブドフラワーが人気ですが、そんなプリザーブドフラワーを学べる教室があるのを皆さんはご存知でしたでしょうか?
現在ではそういった教室も少しずつ増えてきていますので、もしかしたら皆さんのご自宅の近くにもあるかもしれませんね。
ここでは、プリザーブドフラワーがどんなものであるのかについて始めから教えていただけますので非常に良いかと思います。
気になる方はネットなどで情報を集めてみて下さいね。


自分だけのプリザーブドフラワーを作ろう

せっかく作るのですから、ご自分だけの素敵なプリザーブドフラワーを作ってみましょう。
ご自分のお好きなお花や色を選んで作ってお部屋の雰囲気を変えてみますとか、またはご友人などのギフトとしてお相手のお好きなお花と色を選んで作ってみますとか。
色々楽しまれてみるのが良いかと思いますよ。
分からないことはその都度教えて下さる方に質問するようにして進めていけたら良いですね。


ブログを覗いてみましょう

プリザーブドフラワーを作られている方や購入されている方の中にはブログを立ち上げて紹介して下さっている方もいらっしゃるかと思います。
ですので、そういった方のブログを拝見して何か刺激を得たりするのも大事だと思います。
どのようにしてご自宅などに飾られているのかなど色々知ることが出来ますので、もしかしたらその方のアイデアを活用できるかもしれませんよ。
コンタクトがとれるところもあるみたいですので、そこでアドバイスをいただいたりするのもおすすめですね。

プリザーブドフラワーが喜ばれる3つの理由

最新ギフトのトレンドの1つ、プリザーブドフラワー。何故、今、生花よりも人気を集めているのかを考えてみました。


プリザーブドフラワーがプレゼントで喜ばれるワケ

お誕生日、結婚祝い、出産祝い、クリスマスなど、人生のうちにプレゼントを贈る機会は溢れかえっていますね。
そしていっぱいあるからこそ「ネタが尽きてきた」と思い悩んでしまっている人も多いのではないでしょうか?
だからこそ適度な斬新さがあり、扱いに困りにくいプリザーブドフラワーは救世主のような存在なのです。
人々が「待ってました!」ともろ手を挙げて選んでいる理由は、「手軽」「手頃」「手間いらず」にあると思います。


ネット通販でも買える

まず「手軽」についてですが、プリザーブドフラワーはネット通販で買うことが出来ます。商品によっては鞄の中に入れておけるので、「花を持ち歩くのは恥ずかしい」という人や「サプライズプレゼントにしたい」という人にとってはとても便利ですね。
次に「手頃」。プリザーブドフラワーは高いものでも1万円くらい、相場は5~6千円。大げさすぎず安過ぎずのちょうどいい価格帯のものが多いのです(もちろん2万、3万とするようなものもあるにはあります)。
最後に「手間いらず」。
生花は貰う側にそれなりの負担をかけてしまいます。花瓶を用意し、お水を入れ替え、枯れてきたら捨てるということを強いてしまいます。
しかしプリザーブドフラワーならもらったまま好きな所に飾っておくだけでOKなので、忙しそうな方への贈り物としてもベストです。

プリザーブドフラワーについての疑問を解決しよう

現在ではプリザーブドフラワーをご友人や親しい方にギフトとして贈られている方もいらっしゃるかと思いますが、まずは疑問について解決をしておいた方が良いかと思います。
最初にやはりプリザーブドフラワーの保管方法についてですよね。
非常にデリケートなものですので、高温多湿な場所や直射日光は避けるようにしていただければと思います。
最適温度は約15~20度で湿度は50%未満だと言われているみたいですので保管される際にはこれらのことに気を付けて下さいね。


ホコリなどはどうやってとればいい?

やはり飾っているとホコリなどがついてしまったりしますよね。
手で取ってしまったりこすったりしないようにして下さい、お花が傷んでしまいますので注意していただきたいところ。
毛素材などの柔らかい素材で軽く払うくらいがちょうどいいのだそうですので、お悩みの方はこのやり方をお勧めします。
一番良いのは透明のケースの中に入れておかれることだと思います。


プリザーブドフラワーは花粉大丈夫?

こちらも気になっている方がいらっしゃるかと思いますが、基本的に香りはありません。
もちろん、花粉もありませんので花粉アレルギーの方も心配なくお部屋に飾ることが出来ますので安心して下さいね。
花粉症でお花を諦めていた方にはぜひプリザーブドフラワーがお勧めです。
安心して楽しむことが出来るのが嬉しいですよね。

プリザーブドフラワーを大切な方に

プリザーブドフラワーが少しずつ有名になってきましたが、皆さんの中にも購入されたことのある方はいらっしゃいますでしょうか?
プリザーブドフラワーとは永年保つことのできる枯れにくいお花の事です。
ですので、管理することも比較的簡単だと思いますのでギフトとして大切な方へ贈られることをお勧めします。
やはり大切な方ですから何か特別なものを贈りたいですよね。


プリザーブドフラワーはお水厳禁!

プリザーブドフラワーはとても繊細なものですので生花と同じよう丁寧に取り扱ってあげるようにして下さいね。
お水を与えてしまいますと脱色してしまいますので、与えないようにして下さい。
キッチン周りや湿気の多い場所も避けて飾るようにしていただければと思います。
ギフトとして贈られたりする際にもその旨をお伝えすると良いかと思います。


お花の種類も豊富だから嬉しい

プリザーブドフラワーはお花の種類も豊富ですので、選ばれる際にとても楽しいかと思います。
お相手のお好きなお花やお好きな色を選んで贈ると、お相手の方も喜ばれるかと思いますし素敵ですよね。
もちろん、そのお店などによっては取り扱っているお花や色が違ってきますので色々なお店を覗かれてみるのが良いかと思います。
素敵なお花を贈られてみてはどうでしょうか?

プリザーブドフラワーはギフトに最適

皆さんの中にはすでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、プリザーブドフラワーというお花があるんです。
こちらは特殊な技法を用いていますので枯れにくいお花となっています。
しかし、ドライフラワーとは少し違いますので取り扱いには注意していただけたらと思います。
とてもきれいなお花でうまく育てることが出来ない方でも安心してお部屋などに飾れますし、ご友人のギフトとして贈られることもお勧めです。


プリザーブドフラワーは扱いやすい

普通の生花とは違って水を与えるのは厳禁となっています。
その理由はお花の脱色に影響してしまい長持ちしなくなってしまうからなのだそうです。
ですので、ギフトとして贈られる際にはその旨をきちんとお伝えしていただければと思います。
永年保つことが出来るプリザーブドフラワーですので、お花が好きな方には喜んでいただけるのではないかと思います。


もちろんご自宅にも!

誰かに贈ることもお勧めですがご自宅に飾られてみるのもお勧めですね。
お部屋のアクセントになったり印象や雰囲気も少し変わって良いのではないでしょうか。
その際に気を付けていただきたいのが、プリザーブドフラワーはお水に弱いのでキッチン周りや湿気のある場所を避けておくようにして下さればと思います。
そうすることでさらに美しいまま保つことが出来るかと思いますよ。
また、ケースの中へ入れたまま飾られてきますとほこりなどが付かず衛生的に保つこともできます。