プリザーブドフラワーは紫外線に弱い

プリザーブドフラワーの弱点は色々とあります。その一つが紫外線です。プリザーブドフラワーは紫外線に当たってしまうと変色してしまったり劣化したりするのです。特に紫外線の強くなる季節はその保存方法をしっかりと考えておく必要があるでしょう。


<夏場は特に注意>

紫外線が強くなる夏場は特に、プリザーブドフラワーの保存に特に気をつけるべきでしょう。なるべく、日光の届かない所で保存することが必要となるでしょう。長く保存して長期間使えるようにしておくためにも、紫外線の届かない範囲で保存するようにしておきましょう。ただし、日光の届かないとこで保管すればいいので対策自体はそれほど難しくないはずです。


<秋や冬もしっかりと注意>

紫外線は夏場に強くなるのですが、やはり夏場でなくとも紫外線は降り注いでいます。ですから、夏場でなくともなるべく日光の届かない範囲で保存することは大事です。夏場に比べて紫外線も弱くなるでしょうから、少しは当たっても大丈夫でしょう。しかし、なるべく長期間保存するなら夏以外の季節も紫外線に当たらないように気をつけるべきです。プリザーブドフラワーを長持ちさせるためにも年中を通して紫外線には注意しておきましょう。