生花がダメでもプリザーブドフラワーなら大丈夫

プリザーブドフラワーなら、ギフトに困ることはありません。
お祝い事やお見舞いなどに贈り物としてギフトを選ぶときは、相手のことを考えなければいけないですよね。
一番ギフトとして選びやすいのは、人によって好みの分かれがあまりない「お花」だと答える方が多いでしょう。
しかし、生花は花粉や匂いがどうしてもあるため、人を選ぶことがあります。


-プリザーブドフラワーはギフトにもっとも適している-

そんな時には、プリザーブドフラワーをギフトに選べば解決します。
生花に特殊な加工をして作るプリザーブドフラワーは、その過程で花粉の「やく」を取り除きます。
そのため、生花の花粉や匂いといったアレルギーのある相手にも贈ることが出来ます。
持ち運ぶ際にも、花粉が衣服についてしまうことがないので安心です。
外からの持ち込みに厳しい病院に入院した際のお見舞いにも、プリザーブドフラワーは向いています。


-プリザーブドフラワーは手間がかからない-

生花と違って、プリザーブドフラワーは水をあげる必要がありません。
また、日光を浴びせる必要もありません。
温度や湿気、直射日光に気をつければ長持ちします。
そのため、置く場所にだけ気をつけていれば他に手間がかかりません。
そのため、お年寄りの方や入院されている方へのギフトに向いています。

≪PR≫ギフトにおすすめのプリザーブドフラワーhttp://www.lucaleonardo.com/

プリザーブドフラワーが一部だけ傷んでしまったら

誕生日やウエディングのギフトで、増加しているのがプリザーブドフラワーだそうです。このお花は特殊な加工をくわえて、生花のような状態で長持ちをするもので、枯れないということから縁起がいいという考え方をする人もいるそうです。


-プリザーブドフラワーが一部だけ傷んだ場合は-

プリザーブドフラワーのアレンジメントは、日光に当たる、湿気で傷むことが多いそうです。充分に気を付けて飾っていても、一部のアレンジメントのお花だけ色が抜けてしまう、傷んで花が割れてしまったという場合には、プリザーブドフラワー全部を処分するのではなく、アレンジメントの傷んだ部分だけを抜き取って処分するほうがいいそうです。


-色移りなどは早めに対応を-

プリザーブドフラワーの色移りなどは、まれに起こるものです。湿気などが影響するようですが、お花を後から色付けしていることから、他のお花が汚れてしまう可能性もありますから、早めに色が抜けているプリザーブドフラワーだけを引き抜くことがおすすめです。抜いた部分には、オーナメントなどを雑貨屋さんで選んで差し替えるなどの工夫をするとさみしくならないと言われるそうです。ロフトなどの大型雑貨店では、アレンジメント用の造花などの扱いもあるそうです。


-おすすめ関連情報-

誕生日プレゼントを母親へ送るなら(http://biomedicalnyrt.com/)

プリザーブドフラワーを手作りすることが出来る

様々なイベントやお祝い事にお花が活躍していますが、生花だとどんなに手入れをしても美しく保てる時期が決まってしまいます。
お花が好きでもすぐに枯らしてしまうという事も多いですので、そんな時こそプリザーブドフラワーの出番。花屋や通販サイトにも専門店がありますから、自分の好きなお花を探すことが出来ます。色々見て回る中、自分の気に入ったプリザーブドフラワーを見つけることが出来なくてがっかりしている方も。そんな方は、自分でお花を作るというのはいかがでしょうか。現在では、自分で手作りできるように通販サイトでキットが販売されています。初心者でも始めやすいようになっていますので、大きな失敗もさほどないでしょう。分からない場合は、ネットで検索すると分かりやすい説明が掲載されているサイトがありますから安心です。


-プリザーブドフラワーの花材を購入する-

自分で作れると言っても最初から作るとなれば、準備するものも多く失敗もしてしまうかも・・・。
そんなふうに考えている方は、プリザーブドフラワーの花材と入れ物を購入すれば悩み解決です。すでに特殊加工されているお花が販売されているので、自分の好きなお花を購入して入れ物にデザインしていけばいいだけなので簡単です。最初はコツがつかめなくてなかなか上手にデザインすることが難しいかもしれません。ですが、作っていくたびにコツを掴めるようになるはずなので、その点については何も心配いりません。通販サイトによっては一輪から購入出来る店と一箱から購入出来る店と分かれているので、最初に必ず確認するようにして下さいね。プリザーブドフラワーの花材は、店によって扱っているものが異なるため、出来るだけ多くの通販サイトをチェックした方が良いです。


-一から始めるのも良し!-

花材を購入して始めれば簡単に作ることが出来ますが、「作るなら本格的に作りたい!」という方もいるでしょう。
そう言った方の場合は、お花を特殊な溶液につけてから作るという方法があります。その特殊な溶液も通販サイトで購入することが出来ますので、すぐに準備することが出来ます。こちらについても、作り方について詳細情報を掲載しているサイトが多々ありますから参考にすると良いです。写真付きで解説しているサイトもあるので、とってもわかりやすくなっています。親しい友人へのギフトの為に手作りして贈るというのも素敵な事なので、たまには手作りしたプリザーブドフラワーをギフトとして誰か大切な方へ贈ってみませんか?失敗してもそれは成功へつなげられるためのプロセスになります。一からプリザーブドフラワーを作ってみるのも良い経験の一つになるはず!

恋を呼ぶプリザーブドフラワー

フランスで生まれたプリザーブドフラワー、今や世界の人気者でインテリア、結婚式、誕生日パーティーなどのお目出度い舞台には欠かせない存在になっており、人々の心を和ませてくれます。華やかな花々に囲まれている雰囲気の中では、若い人の心をウキウキさせ、男女のカップルのお互いの気持ちを引き寄せる効果があります。


<人の願望を現実にしたブリザーブドフラワー>

花の鑑賞はお花畑や、ガーデニングで楽しみその美しさに感動することが常ですが、自分だけの場所で好きな時間に、心ゆくまで好みの花を観賞したい願望がありますが、それを現実のものにしたのがプリザーブドフラワーです。高度なプリザーブ技術を持った人の手にかかると、生花の鮮やかな色彩以上の色の輝きを放つ花々に生まれ変わらせることができます。


<枯れにくいブリザーブドフラワー>

水をやる必要もなく枯れないで、何時までも神秘的な色彩を保つフラワーは、生活に潤いを与えてくれます。若い男女が恋を囁く場に、ティアドロップ型の情熱溢れる美しいバラのプリザーブドフラワーが飾られていれば、恋の成就は間違いなしです。枯れない美しい花、恋の語らいもみずみずしさを増し、二人の将来はバラ色に輝きます。

プリザーブドフラワーと風水の関係

プリザーブドフラワーは花の色も選ぶことができます。

色というのは風水においてとても重要な要素。他にも邦楽の要素などもありますが「色」ならば簡単にすぐ取り入れることができますよね。

自分の今後上げたい運勢などによってプリザーブドフラワーの色を選ぶのもいいかもしれません。

色によって合っているアレンジも変わってきますから風水の要素から選んでいきましょう。


‐今後どうなっていきたいかでプリザーブドフラワーを選ぶ‐

たとえばピンクの花を選べば一般的には恋愛運、結婚運にいい影響があるといわれています。周りから愛されるような存在になりたい人はぜひピンクの花を使ったアレンジを選んでみましょう。

また結婚祝いなどのさいのギフトとして使うのも良いとされています。またダイエット効果が欲しいと思っておられる方は青い花を選びましょう。青は心の安定を促してくれる作用もあります。明るい青、水色などがおすすめですよ。


玄関に置くのはNG?

風俗の先生によってプリザーブドフラワーを玄関に置くのはよくないと言っておられる先生もいます。玄関は避けてリビングなどに置くのが良いかもしれませんね。ギフトに使う予定の人はあげる相手にもそれを伝えてあげるといいかもしれません。

プリザーブドフラワーのリーフ類

プリザーブドフラワーに使われる素材は花だけではなく、リーフ類の中にも適したものがあります。
花選びと同じく、葉が肉厚で取れにくいものが適しています。
中には実付きで加工できるものもありますし、花に比べて弱そうに見えても実際は丈夫というものが多く、繊細なアレンジを行うときにも大変役立ちます。
カスミソウなども花ではありますが、リーフ類としての扱いに近く、染色もしやすいことからかなりの種類が登場しています。


<プリザーブドフラワーの枝葉系のリーフ>

車花やニゲラオリエンタリス、エリンジュームなどは、花付きですがリーフ類としての用途が広く、重宝します。
グニーユーカリやヘデラアルボレアは葉も大きくボリューム感がある上に、実付きもあります。
同じく実付きで人気のものに、ソフトサリグラムなどもあります。
繊細な印象を与えるものには、スフとショートアスパラやピーコックグラス、アラカスも良いでしょう。
純粋に葉を楽しむのであれば、ルスカスガーデン、ソフトツゲ、レモンリーフ、ピトスポラムもよく選ばれています。
リーフ系が加わることで、プリザーブドフラワーでも生花のブーケと同様にアレンジの美しさを追求することができます。
しかしリーフ類にも加工の向き不向きがありますので、結婚式で使ったブーケを加工したいという予定があるなら、はじめから加工に向いている花を使って作りましょう。

プリザーブドフラワーは紫外線に弱い

プリザーブドフラワーの弱点は色々とあります。その一つが紫外線です。プリザーブドフラワーは紫外線に当たってしまうと変色してしまったり劣化したりするのです。特に紫外線の強くなる季節はその保存方法をしっかりと考えておく必要があるでしょう。


<夏場は特に注意>

紫外線が強くなる夏場は特に、プリザーブドフラワーの保存に特に気をつけるべきでしょう。なるべく、日光の届かない所で保存することが必要となるでしょう。長く保存して長期間使えるようにしておくためにも、紫外線の届かない範囲で保存するようにしておきましょう。ただし、日光の届かないとこで保管すればいいので対策自体はそれほど難しくないはずです。


<秋や冬もしっかりと注意>

紫外線は夏場に強くなるのですが、やはり夏場でなくとも紫外線は降り注いでいます。ですから、夏場でなくともなるべく日光の届かない範囲で保存することは大事です。夏場に比べて紫外線も弱くなるでしょうから、少しは当たっても大丈夫でしょう。しかし、なるべく長期間保存するなら夏以外の季節も紫外線に当たらないように気をつけるべきです。プリザーブドフラワーを長持ちさせるためにも年中を通して紫外線には注意しておきましょう。

美しい花嫁の手元にプリザーブドフラワーのブーケを

結婚式で花嫁が持たれるブーケはとても美しく憧れる物。生花で作られる方もいますが今はその美しさを思い出として残したという方も増えているようで、長く美しさを楽しむことが出来るプリザーブドフラワーのブーケを使う方が増えてきているようです。家にそのブーケを結婚式の写真とともに飾れば幸せいっぱいですね。


<生花よりも選ばれる理由>

ブーケは昔、造花などで作られているものも多かったようですが、造花と生花を混ぜて作られているものも出てきました。やはり生花は造花とは違い艶やかで美しいのですが時間がたてば枯れてしまうのが難点です。そこでその生花ならではの手触りや艶やかさを出すことが出来たのがプリザーブドフラワーです。生花ではありませんので、枯れる心配はありません。


<女性をいつまでも輝かせる花>

女性にとって結婚式は特別なもの。その日に持つブーケというのはとても大事な役割をしています。ウエディングドレスを着た花嫁をより一層、美しく引き立ててくれるものです。プリザーブドフラワーで作られたブーケは式の間中その美しさを変わることがありません。そのブーケの美しさは家に持ちかえりケースなどに飾れば結婚式の思い出たちと一緒にいつまでも楽しむことができるものです。

プリザーブドフラワーは贈り物として最適

大切な人や友達、家族に何か贈るとしたら何を贈りますか?
誕生日とか記念日、敬老の日や母の日、父の日・・・皆さんはどのようなものを贈っているのか気になります。
近年、人気となっているのはプリザーブドフラワーというお花なんです。
特殊な保存加工技術を施してあるので、いつまでも美しいまま保つことが出来るようになっています。


-プリザーブドフラワーはアレルギーを持っている人でも安心-

プリザーブドフラワーには、花粉もありませんし香りも無いので花粉症を患っている人でも安心して飾れます。
お花は好きだけれど香りが強いのは苦手だという人もいますよね?
そういう人にもプリザーブドフラワーはお勧めですので、ギフトとして贈っている人も増えているようです。
手入れも簡単で楽ですから、もらっても困ることはないと思いますよ。


-色の変化を楽しもう-

プリザーブドフラワーは、長く保つことが出来ますが少しずつ色が変化してきます。
それを悲しいと思うのではなくて、その色の変化を楽しむのもいいですね。
時間の経過を楽しめるのも嬉しい事だと思いますので、ぜひ色の変化に注目してみて。
生花では見られない色のお花もありますから、そういうお花だったら色の変化をみられるのも貴重なことなのかもしれませんね。
生花では見られない色なので、特別な感じがしませんか?

プリザーブドフラワーのリースを贈ろう

現在ではプリザーブドフラワーをギフトとして誰かに贈られている方が少しずつ増えてきていますが、皆さんはそのことについてどう思いますでしょうか?
やはり枯れにくい美しいお花ですので選ばれている方が増えてきているのかもしれませんね。
今は置くものではなくてリース型のプリザーブドフラワーもありますので、お部屋のインテリアとしてでも良いですしご友人などにギフトとして贈られてみるのもお勧めです。


-プリザーブドフラワーは扱いやすいから便利-

プリザーブドフラワーは枯れにくいように加工されていますし、保存することも比較的簡単で良いかと思います。
ケースに入れておくとさらに美しさを保つことが出来ますからなお良いかと思いますよ。
扱い方は生花と同じで丁寧に扱っていただければと思います、繊細ですので容易に触れたりしないよう気を付けて下さればと思います。
また、お水を与えてはいけないことになっていますので与えないようにして下さいね。


-ご自分で作ることもできます-

プリザーブドフラワーはご自分で作ることもできますので、ネットなどで調べてみてそちらを参考にしながら作ってみるのが良いかと思いますよ。
その際に必要なものがいくつかありますが、ご自分で作られてみるのも楽しくて良いかと思いますしご自分だけのプリザーブドフラワーを作ることが出来て良いかと思います。
また、パーツだけ購入してアレンジされるのもお勧めです。

PRサイト>>>ギフトならプリザーブドフラワーが最適

プリザーブドフラワーを学べる教室があります

プリザーブドフラワーが人気ですが、そんなプリザーブドフラワーを学べる教室があるのを皆さんはご存知でしたでしょうか?
現在ではそういった教室も少しずつ増えてきていますので、もしかしたら皆さんのご自宅の近くにもあるかもしれませんね。
ここでは、プリザーブドフラワーがどんなものであるのかについて始めから教えていただけますので非常に良いかと思います。
気になる方はネットなどで情報を集めてみて下さいね。


自分だけのプリザーブドフラワーを作ろう

せっかく作るのですから、ご自分だけの素敵なプリザーブドフラワーを作ってみましょう。
ご自分のお好きなお花や色を選んで作ってお部屋の雰囲気を変えてみますとか、またはご友人などのギフトとしてお相手のお好きなお花と色を選んで作ってみますとか。
色々楽しまれてみるのが良いかと思いますよ。
分からないことはその都度教えて下さる方に質問するようにして進めていけたら良いですね。


ブログを覗いてみましょう

プリザーブドフラワーを作られている方や購入されている方の中にはブログを立ち上げて紹介して下さっている方もいらっしゃるかと思います。
ですので、そういった方のブログを拝見して何か刺激を得たりするのも大事だと思います。
どのようにしてご自宅などに飾られているのかなど色々知ることが出来ますので、もしかしたらその方のアイデアを活用できるかもしれませんよ。
コンタクトがとれるところもあるみたいですので、そこでアドバイスをいただいたりするのもおすすめですね。

プリザーブドフラワーが喜ばれる3つの理由

最新ギフトのトレンドの1つ、プリザーブドフラワー。何故、今、生花よりも人気を集めているのかを考えてみました。


プリザーブドフラワーがプレゼントで喜ばれるワケ

お誕生日、結婚祝い、出産祝い、クリスマスなど、人生のうちにプレゼントを贈る機会は溢れかえっていますね。
そしていっぱいあるからこそ「ネタが尽きてきた」と思い悩んでしまっている人も多いのではないでしょうか?
だからこそ適度な斬新さがあり、扱いに困りにくいプリザーブドフラワーは救世主のような存在なのです。
人々が「待ってました!」ともろ手を挙げて選んでいる理由は、「手軽」「手頃」「手間いらず」にあると思います。


ネット通販でも買える

まず「手軽」についてですが、プリザーブドフラワーはネット通販で買うことが出来ます。商品によっては鞄の中に入れておけるので、「花を持ち歩くのは恥ずかしい」という人や「サプライズプレゼントにしたい」という人にとってはとても便利ですね。
次に「手頃」。プリザーブドフラワーは高いものでも1万円くらい、相場は5~6千円。大げさすぎず安過ぎずのちょうどいい価格帯のものが多いのです(もちろん2万、3万とするようなものもあるにはあります)。
最後に「手間いらず」。
生花は貰う側にそれなりの負担をかけてしまいます。花瓶を用意し、お水を入れ替え、枯れてきたら捨てるということを強いてしまいます。
しかしプリザーブドフラワーならもらったまま好きな所に飾っておくだけでOKなので、忙しそうな方への贈り物としてもベストです。

プリザーブドフラワーについての疑問を解決しよう

現在ではプリザーブドフラワーをご友人や親しい方にギフトとして贈られている方もいらっしゃるかと思いますが、まずは疑問について解決をしておいた方が良いかと思います。
最初にやはりプリザーブドフラワーの保管方法についてですよね。
非常にデリケートなものですので、高温多湿な場所や直射日光は避けるようにしていただければと思います。
最適温度は約15~20度で湿度は50%未満だと言われているみたいですので保管される際にはこれらのことに気を付けて下さいね。


ホコリなどはどうやってとればいい?

やはり飾っているとホコリなどがついてしまったりしますよね。
手で取ってしまったりこすったりしないようにして下さい、お花が傷んでしまいますので注意していただきたいところ。
毛素材などの柔らかい素材で軽く払うくらいがちょうどいいのだそうですので、お悩みの方はこのやり方をお勧めします。
一番良いのは透明のケースの中に入れておかれることだと思います。


プリザーブドフラワーは花粉大丈夫?

こちらも気になっている方がいらっしゃるかと思いますが、基本的に香りはありません。
もちろん、花粉もありませんので花粉アレルギーの方も心配なくお部屋に飾ることが出来ますので安心して下さいね。
花粉症でお花を諦めていた方にはぜひプリザーブドフラワーがお勧めです。
安心して楽しむことが出来るのが嬉しいですよね。

プリザーブドフラワーを大切な方に

プリザーブドフラワーが少しずつ有名になってきましたが、皆さんの中にも購入されたことのある方はいらっしゃいますでしょうか?
プリザーブドフラワーとは永年保つことのできる枯れにくいお花の事です。
ですので、管理することも比較的簡単だと思いますのでギフトとして大切な方へ贈られることをお勧めします。
やはり大切な方ですから何か特別なものを贈りたいですよね。


プリザーブドフラワーはお水厳禁!

プリザーブドフラワーはとても繊細なものですので生花と同じよう丁寧に取り扱ってあげるようにして下さいね。
お水を与えてしまいますと脱色してしまいますので、与えないようにして下さい。
キッチン周りや湿気の多い場所も避けて飾るようにしていただければと思います。
ギフトとして贈られたりする際にもその旨をお伝えすると良いかと思います。


お花の種類も豊富だから嬉しい

プリザーブドフラワーはお花の種類も豊富ですので、選ばれる際にとても楽しいかと思います。
お相手のお好きなお花やお好きな色を選んで贈ると、お相手の方も喜ばれるかと思いますし素敵ですよね。
もちろん、そのお店などによっては取り扱っているお花や色が違ってきますので色々なお店を覗かれてみるのが良いかと思います。
素敵なお花を贈られてみてはどうでしょうか?

プリザーブドフラワーはギフトに最適

皆さんの中にはすでにご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、プリザーブドフラワーというお花があるんです。
こちらは特殊な技法を用いていますので枯れにくいお花となっています。
しかし、ドライフラワーとは少し違いますので取り扱いには注意していただけたらと思います。
とてもきれいなお花でうまく育てることが出来ない方でも安心してお部屋などに飾れますし、ご友人のギフトとして贈られることもお勧めです。


プリザーブドフラワーは扱いやすい

普通の生花とは違って水を与えるのは厳禁となっています。
その理由はお花の脱色に影響してしまい長持ちしなくなってしまうからなのだそうです。
ですので、ギフトとして贈られる際にはその旨をきちんとお伝えしていただければと思います。
永年保つことが出来るプリザーブドフラワーですので、お花が好きな方には喜んでいただけるのではないかと思います。


もちろんご自宅にも!

誰かに贈ることもお勧めですがご自宅に飾られてみるのもお勧めですね。
お部屋のアクセントになったり印象や雰囲気も少し変わって良いのではないでしょうか。
その際に気を付けていただきたいのが、プリザーブドフラワーはお水に弱いのでキッチン周りや湿気のある場所を避けておくようにして下さればと思います。
そうすることでさらに美しいまま保つことが出来るかと思いますよ。
また、ケースの中へ入れたまま飾られてきますとほこりなどが付かず衛生的に保つこともできます。